北九州法務司法書士事務所
) MENU

H トップページ)

A プロフィール)

P 事務所案内)

B 経営理念)

J 業務内容)

8 特別業務)

Y 公的業務)

U 料金表)

R ブログ ~法務日記帖~)

E お問い合わせ)

北九州法務司法書士事務所

法務の知識と知恵であなたをサポート

Kitakyushu Legal Affair Office
supports you to improve the quality of your life
with our extensive knowledge and experience of legal affairs.

業務内容

北九州法務司法書士事務所では、司法書士以外にも税理士・社会保険労務士など他の士業との連携を行っております。 早く相談したいのに、誰に言えば良いのか分からない!そんな時は、ひとまず金源 成大へご相談ください。皆さまのご相談内容に合ったエキスパートをご紹介いたします。

商業・法人登記

会社を設立する場合に必要な書類は何か?
助成金の対象事業を始めたいがどのようなスケジュールを組めばよいかわからない?など、会社を設立する前段から考えておかねばならないことはたくさんあります。
登記のプロである司法書士ですが、私は登記以前の段階から3年後の会社のビジョンをみなさんと考えたいと思っています。
また、会社法を駆使して様々な株式を設計し、資金調達から従業員のモチベーションアップのご提案をすることが出来ます。

不動産登記

不動産の名義の書換えを行います。

例えば、相続が起きた場合、亡くなった方の名義から相続人の方へ名義の変更をする必要が出てきます。

「誰が相続人になるのかわからない・・・」

「共有名義を1名の名義に変えたい・・・」

「ローンの返済が終わったので、担保を消したい・・・」

など登記に関するご相談をお受けいたします。

裁判書類作成・簡易訴訟代理業務

いわゆる「生活紛争」といわれるトラブルで訴えたり、訴えられたりする場合に、皆さんの代わりに簡易裁判所で弁護士と同様に弁論を行う業務です。
また、裁判所に提出する書類の作成を行いながら、皆さんの「裁判をする権利」を支援いたします。

成年後見

例えば、判断能力が衰えた方が身のまわりの世話のために介護施設等と契約したいと考えた場合や、不利な契約なのによく判断ができず契約を結んでしまうと悪徳商法の被害にあうおそれがあります。このような判断能力の不十分な方々を守り、代理人となってその方の代わりに法律的な事務を行う制度です。

遺言手続きのご相談

「遺言は財産がたくさんある方がするもので、自分には関係ない・・・」そう考える方が多くいらっしゃいます。
また「子供のいないご夫婦」など、本来は遺言を作成しておかねばならないケースがあります。
現在は金融機関の「本人確認」が非常に厳しいため、配偶者の方でさえ亡くなった方の預金等を引き出すのが困難な状況にあります。
遺言を残した場合、残さなかった場合の違いは残る家族の生活に大きな影響を与えることがあります。
「転ばぬ先の杖」
あなたにとって何が最善の方法なのかを一緒に考えていきます。

  • ホーム
  • プロフィール
  • オフィスについて
  • 経営理念
  • 業務内容
  • 特別業務
  • 公的業務
  • 料金表
  • ギャラリー
  • メール
  • ホーム
  • プロフィール(講演・セミナー実績)
  • オフィスについて
  • 経営理念
  • 業務内容
  • 特別業務
  • 公的業務
  • 料金表
  • ギャラリー
  • お問い合わせ